【SAP TechEd Barcelona 2018】インテリジェントエンタープライズを支えるSAPのテクノロジ

10月23日 – 10月25日(スペイン時間)の3日間に渡り、スペイン・バルセロナにおいてSAPのテクノロジカンファレンス「SAP TechEd Barcelona 2018」が開催されています。初日の10/23の午前中には、昨年に引き続きSAP Cloudで技術部門を統括するプレジデント兼CTOのビョルン・ゲルケ(Bjorn Goerke)がオープニングキーノートに登壇、SAPが提唱する「SAP Intelligent Enterprise」をテーマに、そのコアとなるテクノロジの紹介を行いました。ここではキーノートのもようを写真で簡単に紹介します。

昨年のTechEd Barcelonaでは「Star Trek」のカーク船長のコスプレで登場したビョルンは星空をバックに登場。仮想の宇宙事業会社「SAP Space Agency」で活用されるインテリジェントエンタープライズのテクノロジを紹介するという設定でキーノートが進んでいった
「SAP Intelligent Enterprise」を支える3つのピラー(柱)は「ビジビリティ」「フォーカス」「アジリティ」 – これらをベースにしたソリューションをエンタープライズユーザに提供していく
インテリジェントエンタープライズは固有の製品名ではなく、SAPが提唱する次世代エンタープライズITのコンセプト。コアとなる技術は「SAP Cloud Platform」などのインテリジェントプラットフォーム、さらに「SAP Leonard」に含まれるAI/マシンラーニング、IoT、ブロックチェーンなど。これらの技術をベースに、ハイブリッドで複雑化しやすいエンタープライズITの世界に、拡張可能でありながら統合されたシンプルなソリューションを提供することがゴール
新たに発表された「SAP Cloud Platform Open Connectors」はSAPとNon-SAPの環境をつなぐコネクタで、Twitter、Facebook、Slack、JIRAなど150種以上の外部サービスとの連携が可能になる
SAP Cloud Open Connectorsのユーザインタフェース。外部サービスとの連携が簡単な操作で可能になる
「マスターデータはビジネスプロセスの命(lifeblood)」ビョルン)というSAPが新たに発表したマスターデータのマネジメントをクラウドでも可能にする「オープンプログラミングモデル」
KubernetesやCloudFoundryといったコンテナベースの環境で動作するSAPのサーバレスアーキテクチャ「SAP Cloud Platform Functions」
SAP Cloud PlatformのパートナーシップのアップデートとしてIBMとAtosからそれぞれ発表。IBM Cloud Data CentersからSAP Cloud Platform(プライベートエディション)が選べるようになり、IBM WatsonとSAP S/4 HANAを連携したアプリ作成などが可能に。Atosは2019年から同社の欧州と中東のデータセンターからSAP Cloud Platform(プライベートエディション)を提供へ
スペシャルゲストとして登壇したのは17歳の宇宙飛行士 アリッサ・カーソン(Alyssa Carson)。NASAが計画する2033年の人類による初の火星着陸に向けて現在トレーニング中。英語のほかにフランス語、スペイン語、中国語を話し、現在はロシア語も習得中。スタトレ好き、宇宙好きのビョルンらしいゲストセレクション。「つねに自分自身の夢に従うこと。ほかの誰にもそれをあなたの手から奪わせてはいけない(Always follow your dream and don’t let anyone take it from you.)」