AWS、2020年にアフリカ初のリージョンをケープタウンにオープン

AWSは10月25日(米国時間)、アフリカ大陸に初となるリージョンを2020年前半に南アフリカ共和国・ケープタウンにオープンすることを明らかにしました。AWSにとって23番目のリージョンとなる予定のケープタウンリージョンは3つのアベイラビリティゾーンで構成され、サブサハラ・アフリカ(サハラ砂漠以南)地域をカバーします。

AWS CEOのアンディ・ジャシー(Andy Jassy)も自身のツイートで今回のアナウンスを表明しています。

AWSは2015年にヨハネスブルグにオフィスを、2017年にはヨハネスブルグとケープタウンにエッジロケーションをそれぞれローンチしており、JUMOやSimfy Africaなどのスタートアップを中心にアフリカの新興ビジネスを支えてきました。またケニア国立博物館における全コレクションのデジタル化などパブリックセクターのサポートにも力を入れています。こうした地道な活動の積み重ねが導いたケープタウンリージョンのローンチが、アフリカのより大きな発展につながることが期待されます。