AWSのマネージドKubernetes「Amazon EKS」が東京リージョンでGA

AWSジャパンは12月20日、Kubernetesのマネージドサービス「Amazon Elastic Container for Kubernetes(Amazon EKS)」の東京リージョンでの提供開始を発表しました。東京と同時に、フランクフルト、シンガポ0ル、シドニーの各リージョンでも提供が開始され、これにより全世界で9つのリージョンでAmazon EKSが利用できるようになっています。

Amazon EKSはマネージドサービスであるため、ユーザはコントロールプレーン(etcd、Kubernetes APIサーバなど)を管理する必要がありません。また、コントロールプレーンは複数のアベイラビリティゾーン(AZ)で運用されるので、単一障害点をデータセンター単位で排除でき、高い可用性を担保できます。現在、EKSはKubernetes 1.11.5をサポートしていますが、アップデートに関してはupdate-cluster-version APIを呼び出すか、EKSコンソールの「Update Cluster Version」ボタンで簡単に実行できるようになっています。

2017年のre:Inventで発表され、今年5月にオレゴンリージョンでGAとなったたAmazon EKSは数あるマネージドKubernetesの中でも非常に注目度が高いサービスであり、この1年で数多くのユーザを獲得してきました。東京リージョンでのEKS提供をきっかけに、国内ユーザの間でもECSからEKSに移行するユーザが増えるかもしれませんね。

関連記事