PostgreSQL 11.1がリリース、10.6、9.6.11なども同時にアップデート

10月にリリースされた「PostgreSQL 11」の最初のマイナーアップデートとなる「PostgreSQL 11.1」が11月8日付けでPostgreSQL Global Development Groupより公開されました。11.1と同時に、10.6、9.6.11、9.5.15、9.4.20、9.3.25もリリースされています。いずれも「CVE-2018-16850」として報告されたSQLインジェクションに関する脆弱性と、過去3カ月以内のバグレポートを反映したアップデートとなっています。

なお、今回のアップデートとともにPostgreSQL 9.3のサポート終了(EOL)もアナウンスされています。対象バージョンを利用中のユーザに対しては、最新バージョンへの早急なアップグレードが推奨されています。

関連記事